KAIKAで地域を応援しましょう

Kaika

夏の甲子園準優勝!!ご声援ありがとうございました!下関国際高校硬式野球部応援プロジェクト!!!

現在の支援総額
6,649,000
33%

目標金額は20,000,000円

支援者数
275
募集終了まで残り

プロジェクト内容

この夏、甲子園の頂点に向けて挑んだ《下関国際高等学校硬式野球部》。
山口県勢では1985年以来37年ぶりの準優勝という快挙を成し遂げ、地元山口・下関の名を全国に轟かせました!

一方で、滞在期間が長期間になり、学校を挙げての応援を行ったことにより、予定を上回る膨大な経費がかかっている状況です。
選手たちが次のステージへ向けて進んでいくために、ぜひ選手たちへの祝福と、温かいご支援を賜りますようお願いいたします。


甲子園の結果〜お礼と下関国際高等学校硬式野球部について〜

8月6日に甲子園球場で開幕した第104回全国高校野球選手権大会。
準々決勝でセンバツ優勝の大阪桐蔭高校、準決勝でセンバツ準優勝の滋賀の近江高校と対戦し、決勝戦進出。
大会14日目決勝戦で、宮城代表仙台育英高校と対戦し、1対8で残念ながら勝利することはできませんでしたが、山口県勢では1985年の宇部商業高校以来37年ぶりの準優勝という快挙を成し遂げ、「下関国際高等学校」だけでなく、「ふくのまち下関」を全国に轟かせてくれました。

本校硬式野球部の甲子園へたくさんの応援、ご支援くださいました、本校生徒・保護者の方をはじめ地域の方々、関係各方面の皆様に改めまして、心よりお礼申し上げます。
また、これからも「下関国際高等学校」に、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

◆◆下関国際高等学校硬式野球部について◆◆

本校硬式野球部は、1965年(昭和40年)に創部しました。
第99回全国高等学校野球選手権山口大会では初優勝を飾り、甲子園初出場を果たし、第90回記念選抜高等学校野球大会にも出場しました。
また、第100回全国高等学校野球選手権記念大会にも出場し、甲子園ベスト8まで勝ち進みました。

「甲子園で勝つ」ことにこだわった練習を選手全員で取り組んでいます。

プロジェクトの目的

滞在期間が長期間になり、学校を挙げての応援を行ったことにより、予定を上回る膨大な経費がかかっております。
地域や卒業生の方々からご寄付もいただいておりますが、2,000万円程度不足している状況です。

多くの方々に選手たちの甲子園での活躍へのご支援を賜りたく、クラウドファンディングを立ち上げました。

◆◆メッセージ◆◆

下関国際高等学校 武田理事長

 このたび本学園の下関国際高等学校硬式野球部が、「第104回全国高等学校野球選手権大会」に出場し、みごと準優勝というすばらしい結果を勝ち取りました。全校生徒300人ほどの小規模の学校で、弱小であったチームが坂原監督指導の下に、ここまで成長できたのは、卒業生をはじめこれまで応援してくださった方々のお力添え無しには到底成し得なかった快挙でございます。
 選手諸君は7月末に下関を出発し、大会最終日まで甲子園宿舎に滞在し翌日帰校してまいりました。選手たちの滞在経費や応援生徒の移動費用、それに加え「コロナウイルス感染症対策費」等々想定していた予算額を大幅に上回ることとなり、ここにご寄付のお願いをさせていただく次第です。
 つきましては、誠に恐縮ではございますが、下関市民をはじめ全国の皆様には趣旨にご賛同の上、是非ともご協力くださるようお願い申し上げます。
 末筆にあたり皆様のご健勝を心よりお祈りいたします。


下関国際高等学校 上田校長

 選手たちは、日頃から学校努力目標の『凡事徹底』を極めながら、どんな強豪校にも怯むことなく最後まで戦い抜く姿勢を貫いてきました。こうしたことが実を結び、甲子園の観客も味方につけて、準優勝という大躍進を遂げ、日本全国に勇気と元気、そして感動を届けてくれました。決勝戦では、全校生徒が甲子園へ駆け付け、有らん限りの応援で選手たちを後押ししましたが、深紅の大優勝旗を手にすることはできませんでした。
 しかしながら、生徒たちは最高の舞台で選手たちと感動を分かち合うことができ、誇りと自信をもつことができたと思っています。こんな幸せなことはありません。これも皆様方のご声援とご支援のお陰であり、本当に嬉しく心から感謝しています。
 こうした中、大躍進を遂げてくれた選手たちや応援に駆け付けてくれた生徒たちに申し訳ないのは、思いの外寄付金が集まっていないことです。経費4,500万円のうち、2,000万円程度不足しています。学校の窮状をお伝えし、下関市民、山口県民の皆様をはじめ、全国の皆様から心温まるお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

下関国際高等学校  
 校長 上 田 晃 久

資金の使い道

頂戴しましたご支援は下記の用途に使用させていただきます。

●選手たちの出場経費
  大会期間中の滞在費
  練習にかかる費用
  新型コロナウィルス感染症対策 等

●応援生徒たちの参加経費
  甲子園までの移動費・宿泊費
  甲子園入場費用
  新型コロナウィルス感染症対策 等

ご支援が目標金額に満たない場合でも、すべて「プロジェクトの目的」の用途に活用させていただきます。また、ご支援が目標金額を超えた場合には、「プロジェクトの目的」のほか、来年度以降の活動などのチームの運営費として活用させていただきます。

ご支援のお礼について〜リターン品の紹介〜

1口1,000円でのご支援をお願いいたします。

○ご支援 1,000円〜4,000円
 お礼のメールをお送りさせていただきます。

○ご支援 5,000円〜29,000円
 【下関国際高等学校硬式野球部 記念タオル1枚】をお送りさせていただきます。

○ご支援 30,000円〜99,000円
 【下関国際高等学校硬式野球部 記念Tシャツ1着】をお送りさせていただきます。
  ※Tシャツのサイズを(S・M・L・LL)よりお選びください。

○ご支援 100,000円〜
 【下関国際高等学校硬式野球部 準優勝記念ボール1個】の進呈、
 並びに【校内にて顕彰】させていただきます。

なお、すべてのリターンについて寄付控除の対象となりませんのでご了承ください。

         

ご協力

下関市



お問い合わせについて

下関国際高等学校

〒751-0862 山口県下関市大字伊倉字四方山7番地
TEL 083-256-2321 FAX 083-257-2907
E-mail info@shiboyama.ac.jp
URL https://www.shiboyama.ac.jp

FAQ

プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか?
プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへKAIKAのメッセージ機能をご利用ください。
間違って支援した場合はどうなりますか?
選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

KAIKAで地域を応援しましょう

新規会員登録はこちらから

すでに以前のKAIKA会員の方も再度ご登録をお願いいたします。

ページ上部へ