KAIKAで地域を応援しましょう

Kaika

本サイトのご利用にあたって

本利用規約は、株式会社KAIKAが運営する購入型クラウドファンディングサービスを利用する上でのルールを定めるものです。
本利用規約は、本サービスの利用者の全てに適用される全体規定、サポーターに適用される個別規定、登録団体等およびプロジェクト実行者に適用される個別規定の3部構成となっています。

2020年6月22日 施行
2022年2月15日 一部改訂

<全体規定>

第1条(用語の定義)

この利用規約で用いられる用語は以下の通りです。

  1. [1]当社:株式会社KAIKAのことを指します
  2. [2]本サービス:当社が提供するクラウドファンディングサービス「KAIKA」のことを指します
  3. [3]本規約:本サービスの利用規約のことを指します
  4. [4]利用者:本サービスを利用するすべての自然人および法人のことを指します
  5. [5]会員:本サービスに一般ユーザー会員もしくは事業者ユーザー会員として会員登録をした自然人および法人のことを指します。なお、本サービスを利用し、商品売買等をすることや、活動支援を行う場合には、必ず本規約への同意と会員登録が必要です
  6. [6]登録団体等:地域活性化・新商品開発などの資金調達やテストマーケティングの活動を行い、その目的遂行のために本サービスを通じて商品売買等を行い、資金調達をする自然人および法人のことを指します
  7. [7]コンテンツ:会員および登録団体等のイベント情報、その他のテキスト、画像、音声、動画、プログラムなどのあらゆる情報を指します
  8. [8]本サイト:当社が運営する「KAIKA」(URL:https://kaika-crowdfunding.jp/)を指します
  9. [9]投稿コンテンツ:登録団体等もしくは会員が本サイトに投稿したコンテンツを指します
  10. [10]プロジェクト:本サービスを通じて登録団体等もしくは会員が企画し、公開するイベントや販売商品・サービス・権利の出展等であり、サポーターの募集をするものを指します
  11. [11]プロジェクト実行者:プロジェクトを実行することや、本サービスを通じて、プロジェクトのサポーターを募集もしくは募集しようとする会員(登録団体等を含む)のことを指します
  12. [12]サポーター:プロジェクトの内容に共感し、支援の決定(プロジェクト実行者との商品売買等)を希望している会員のことを指します
  13. [13]支援決定代金:プロジェクトが成立(各プロジェクトの専用ページにて定められたプロジェクト成立条件を満たした場合をいい、以下、「プロジェクト成立」という。)した後、サポーターが支払うプロジェクトの支援代金のことを指します
  14. [14]リターン:プロジェクト支援に対してプロジェクトオーナーから提供される商品、サービス、または謝意を表す返礼品の提供を指します

第2条(目的)

本サービスは、当社が運営する、地域活性化・新商品開発などの資金募集やテストマーケティングを目的とする団体もしくは個人と、その活動支援を行う個人および法人を、インターネットを介して結びつける購入型クラウドファンディングのプラットフォーム・サービスです。

2. 本サービスを利用する登録団体等は、地域活性化・新商品開発などの資金調達やテストマーケティングを行うため、商品の売買もしくはサービスの提供もしくは権利の販売等(以下、「商品売買等」という。)を通じてその目的を遂行するものとします。

3. 利用者が本サービスを通じて行う商品売買等によって団体もしくは個人が計上する収益は、その活動に使用されることを前提としますが、その内容、結果について当社が保証するものではありません。

4. 利用者は、自己の責任と判断により選択した団体もしくは個人と、本サービスを通じて商品売買等を行うものとし、本サービスを利用してなされた商品売買等の内容およびその結果について、当社はその責任を負うものではありません。

第3条(規約の適用)

本規約は、当社が提供する本サービスの利用に対して適用されます。本サービスの利用および本サービスのサポート範囲は日本国内に限定します。

2. 本サービスの利用者は本規約に同意の上、本サービスを利用しているものとみなされます。

3. 当社が本サービスにおいて随時告知する諸規則は、本規約の一部を構成するものとします。会員が本サービスを利用するには、本規約のほか、関係する諸規則のすべてに同意していただく必要があります。なお、本規約と個別規則が抵触する場合は、個別規則が優先するものとします。

4. 利用者が本サービスを利用する際には、本規約を事前に確認するものとし、本規約の全てに同意したことを前提として利用を継続できるものとします。本規約に同意できない場合には本サービスの利用は認められません。

5. 利用者が本規約に定めた方法で会員登録手続を行った時点をもって、本規約のほか、関係する諸規則のすべてに同意したものとみなし、当社より完了の通知があった以後に当該手続申請者の会員資格が有効となり、会員としての権利を行使または享受できるものとします。

第4条(規約の変更)

当社は、利用者および会員の了解を得ることなく本規約を変更できるものとします。この場合、当社は、あらかじめ本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容とその効力発生日を本サイト上に掲載するものとし、当該効力発生日の到来をもって変更後の本規約が効力を生じるものとします。但し、変更内容が利用者および会員の一般の利益に適合するものである場合は、変更後の本規約を本サイト上に掲載した時点をもって変更後の本規約が効力を生じるものとします。

2. 前項による本規約の変更の効力が生じた時点以降における本サービスを利用する上でのルールは、変更後の本規約によるものとします。

第5条(通知・連絡)

本サービスに関する当社から利用者および会員への連絡は、当社が運営する本サイト上の適宜の場所への掲示、その他当社が適当と判断する方法により行います。

2. 本サービスに関する利用者もしくは会員から当社への連絡は、本サイト上の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームの送信または当社が指定する方法により行っていただきます。

第6条(本サービスの内容)

登録団体等はプロジェクトについて本サイトを通じて会員に紹介し、その趣旨に賛同した会員が当社を介してプロジェクト実行者と商品売買等を行ってサポーターになるなど、会員間でのプロジェクト支援の場や機会を提供する購入型クラウドファンディングサービスです。

2. 会員間のプロジェクトの支援に関する商品売買等に関しその契約成立・取り消し・解約・解除等の一切は、すべて当事者会員間(または関連する第三者も含みますがこれに限られません。以下、「会員間等」といいます)の自己責任によるものとし、 当社は上記契約の成立・取り消し・解約・解除等の一切はもとより、その変更、返金、保証など当事者間等における契約の履行についても、本規約に定める以外の事項については一切関与いたしません。

3. 会員間等においてトラブル等が発生した場合についても、当社が仲裁し、解決にあたることはありません。

第7条(会員の権利)

会員は、本サイトで公開するサービスを利用することができ、登録団体等はサイト内にコンテンツを投稿することができます。

2. 会員は、本サイトに掲載された全てのプロジェクトに参加することができます。ただし、プロジェクトによってはプロジェクト実行者が参加の条件を設ける場合があります。

3. 会員は、登録団体等に登録することでプロジェクトの募集をすることができ、商品売買等の取引によって収益を上げることができます。

4. 会員は、本サイトで告知された全てのプロジェクトについて商品売買等の取引に応じることができます。ただし、プロジェクトによってはプロジェクト実行者が取引の条件を設ける場合があります。

第8条(手続の成立)

会員がインターネット回線を通じて行った登録・プロジェクトの募集・応募・商品売買等の取引または支援金額の決定・退会・その他の手続は、 本サイトのサーバーに当該手続に関するデータが送信され、当社のシステムに当該手続の内容が反映され通知を受領した時点をもって有効に成立するものとします。

第9条(プロジェクトの支援)

プロジェクトへの支援を希望する会員は、当社の定める方式によって支援を行うことができるものとします。ただし、いたずら目的その他、プロジェクトを支援する意思のないと認められる支援申込については、当社の判断によりこれを拒否することがあります。

2. プロジェクトへの支援申込は、当社の定める条件に従い、プロジェクト実行者が実施するプロジェクトの期間(以下、「プロジェクト期間」という。)内に、本サイトのサーバーに支援金額に関するデータ、支援決定のアクションデータなどの到達(書き込み)を以て成立するものとします。

第10条(プロジェクト成立)

プロジェクトは、成立条件の違いに応じて「All-or-Nothing方式」と「All-In方式」とがあります。

(1)All-or-Nothing方式:プロジェクトに対する支援が目標金額に到達した場合にプロジェクトが成立し、集まった支援金がプロジェクト実行者に支払われます。募集期間内に支援額が目標金額を達成できなかった場合にはプロジェクトは不成立となります。

(2)All-in方式:プロジェクトに対する支援が1円に到達した場合にプロジェクトが成立し、支援決定代金が目標金額に到達したか否かにかかわらずプロジェクト実行者に支払われます。

2. プロジェクト期間が満了するか否かにかかわらず、プロジェクト期間内に、プロジェクトが成立した時点で、サポーターとプロジェクト実行者の間に商品売買等の取引が成立します。

3. プロジェクトが開始し成立するまでの間、およびプロジェクト成立後はサポーター辞退やプロジェクト実行者によるプロジェクトの中止はできないものとします。

4. サポーターは、当社の定める方法により、支援決定金等の対価、消費税その他の代金を支払うものとします。支払いは、本サイトに表示する方法によるものとし、当該指定期日内に支払いがなされない場合には、当社は当該サポーターの商品売買等を無条件でキャンセルすることができるものとします。

5. プロジェクト実行者とサポーターの間で何らかの問題が発生した場合、当事者間で解決し、当社は責任を負わないものとします。ただし、システム上の不具合などの決済に関する問題に起因し、当社が必要と判断した場合はこの限りではありません。

第11条(会員登録手続)

本サービスの利用希望者は、当社手続に従い、会員登録手続を行う必要があります。当社は、登録団体等、一般ユーザー会員、事業者ユーザー会員および会員ではない利用者とで、本サービスにおいて提供するサービスを異ならせることがあります。提供されるサービスの内容等は当社が随時変更できるものとします。

第12条(会員資格について)

本サービスで以下の各号に該当すると当社が判断した場合、当社は会員への登録を拒否し、または該当者の会員資格を取り消すことがあります。

  1. [1]パスワードの不正利用があった場合
  2. [2]会員情報に虚偽があった場合
  3. [3]本規約に反する行為があった場合
  4. [4]登録された電子メールアドレスが機能していないと判断される場合
  5. [5](利用者が自然人の場合) 利用者が死亡した場合
  6. [6](利用者が法人の場合) 利用者が差押え、仮差押え、仮処分、租税滞納処分、その他公権力の処分を受け、又は整理、会社更生手続きの開始、破産もしくは競売を申し立てられ、又は自ら、整理、会社更生手続きの開始もしくは破産申立をした場合
  7. [7]その他、当社が不適切と判断する事由があった場合

第13条(会員退会手続)

会員が退会を希望する場合は、当社所定の退会手続を行うものとします。

2. 会員は、退会手続を行った場合、当社でご利用いただいていた会員のアカウントに関する一切の権利を失うものとします。

3. 会員は、退会手続によっても、自らの投稿したコンテンツは削除されないことを予め承諾するものとします。ただし、当社は該当コンテンツが削除されないことを保証するものではありません。

4. 会員が退会手続を完了した場合、または当社と会員との間の本規約に基づく契約が終了した場合であっても、ログインアカウント等の管理、プライバシーについて、コンテンツの投稿および著作権、免責事項、知的財産権、損害賠償、準拠法・管轄裁判所についての各規定はなお有効に存続するものとします。

5. 登録団体等の場合、当社への届出なしに自己の判断で退会することはできません。

第14条(ログインアカウント等の管理)

会員は、ログインアカウントおよびパスワード(以下「ログインアカウント等」という。ログインアカウント等には、本サービスと連携する外部サービスのパスワードを含む。)の登録・管理等を自身の責任において行うものとし、会員の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等により生じた損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

2. 会員は、本サービス上で管理されているログインアカウント等を失念した場合、または盗用された場合は、速やかに当社に連絡し、その指示に従うものとします。

3. 会員がログインアカウント等の紛失等の届出をしなかったことにより、会員サービスを利用できない等の不利益を被った場合、当社は一切の責任を負わないものとします。

4. 会員がログインアカウント等の紛失等の届出をしなかった場合、当社は当該会員が退会したとみなすことができるものとします。

5. 会員が本条前項までの規定に反して当社または第三者に損害を与えた場合、当該会員が損害賠償責任を負うものとします。

第15条(セキュリティについて)

利用者および会員はインターネットを介した通信行為等が情報の漏洩等の危険性があることを認識した上で自己の責任のもとに本サービスの利用を行うものとし、本サービスに書き込んだ情報についての通信の秘密は必ずしも保証されないことを予め承諾するものとします。

第16条(権利の譲渡)

会員は、当社の事前の書面による承諾なしに利用契約の地位を第三者に承継させ、あるいは利用契約から生じる権利義務の全部または一部を第三者に譲渡しもしくは引き受けさせ、または担保に供してはならないものとします。

2. 当社は、本サービスに関する事業を合併、事業譲渡その他の事由により第三者に承継させる場合には、当該事業の承継に伴い、本規約上の地位、本規約に基づく権利、義務、会員情報及び投稿された情報を当該事業の承継人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡について本項において予め同意したものとします。

第17条(コンテンツの投稿および著作権)

本サイトに投稿を行うには会員登録が必要となります。

2. 会員は、会員自身が本サービスを利用し投稿したコンテンツに関して、投稿を行った時点で、当社および、当社から再利用許諾を受けた第三者に対して、複製、公衆送信、頒布、翻訳・翻案等、著作権法上の権利(当社から第三者に対する再使用許諾権を含む。)を、当該著作権の存続期間の満了日まで、無償で利用することを許諾したものとします。

3. 会員自身が本サイトに投稿・提供されたコンテンツに関する複製、公衆送信、頒布、翻訳・翻案等、著作権法上の権利を全て有していることを、当該会員に保証していただきますので、著作権法上の権利の有無については十分に注意して投稿を行ってください。また、第三者の著作物等を利用して投稿を行う場合には、会員の責任と負担において本項の許諾に必要な権利処理がなされていることを前提とさせていただきますので、第三者の著作物等を利用される場合にも十分に注意をして投稿を行ってください。

4. 当社もしくは当社から再使用許諾を受けた第三者が、会員のコンテンツを当社の運営する本サイト上や提携ウェブサイト上へのコンテンツ提供などにおいて利用する場合がございます。この際、会員のコンテンツの一部を要約・抜粋や、投稿された写真(画像)のサイズ変更・切り抜きを行うなど一部改変等する場合がございます。また、会員のコンテンツを利用する場合には、会員が投稿した際の投稿者名を表示させていただく場合がございます。なお、会員のコンテンツ利用につきましては細心の注意を払って利用させていただきますが、万が一、当該改変行為が会員の名誉・声望等を侵害している場合には、当社までご連絡ください。

5. 当社もしくは当社から再使用許諾を受けた第三者が、会員のコンテンツを利用する場合には、地域制限、著作権表示義務その他付随条件はないものとし、会員による利用許諾の期間は会員の著作権が存続する限りとします。また、ロイヤリティ等の対価は一切発生しないものとします。

6. 会員は、当社および当社から再使用許諾を受けた第三者に対して、著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。

7. 当社もしくは当社から再使用許諾を受けた第三者が、会員のコンテンツを利用したことによって会員または第三者が受けた損害については、当社では一切の責任を負いません。

8. 会員もしくは利用者が本サイトに掲載されているコンテンツを利用して利益を得た場合には、当社は該当者に対し特定の利用料を請求できる権利を有するものとします。この特定利用料については当社が算定するものとします。

第18条(本サービスの知的財産権)

本サービスに含まれているコンテンツおよび個々の情報、商標、画像、広告、デザイン等に関する著作権、商標権その他の知的財産権、およびその他の財産権は全て当社または正当な権利者に帰属しています。

2. 本サービスおよび関連して使用されている全てのソフトウェアは、知的財産権に関する法令等により保護されている財産権を含んでいます。

3. 利用者および会員は、当社もしくは著作権その他の知的財産権およびその他の財産権を有する第三者から利用・使用を許諾されている場合、または、法令により権利者からの許諾なく利用もしくは使用することを許容されている場合を除き、本サービスおよび本サイトの内容について複製、編集、改変、掲載、転載、公衆送信、配布、販売、提供、翻訳・翻案その他あらゆる利用または使用を行ってはなりません。

4. 利用者もしくは会員が前各号に反する行為によって被った損害については、当社は一切の責任を負わないものとします。また、利用者もしくは会員がこれらの行為によって利益を得た場合、当社はその利益相当額を請求できる権利を有するものとします。

第19条(免責事項)

本サービスは、利用者および会員自身の責任においてご利用いただきます。また、以下の各号につき予めご了承いただくものとします。

  1. [1]投稿コンテンツ
    当社は、掲載された情報、コメント等投稿コンテンツについては、いかなる保証もいたしません。また、掲載された投稿コンテンツによって利用者に生じた損害や、利用者同士のトラブル等について、当社は一切の責任を負いません。
  2. [2]リンク先サイト
    当社は、本サービスからリンクされた第三者が運営するサイトに関して、いかなる保証もいたしません。また、リンク先で生じた損害や、利用者同士のトラブル等に対し、当社は一切の責任を負いません。
  3. [3]出力されたデータ
    当社は、本サービスからの出力データについて、いかなる保証もいたしません。また、掲載された投稿コンテンツによって利用者に生じた損害や、利用者同士のトラブル等について、当社は一切の責任を負いません。
  4. [4]投稿コンテンツの削除
    本サービスは、会員からの自己責任に基づく投稿によって成り立っているサービスですが、利用者の皆様に正確で快適にご利用いただくため、下記に該当・類似する投稿コンテンツが発見された場合、当社の判断により予告無く、当該投稿コンテンツを本サービスから削除する場合があります。ただし、下記に該当するコンテンツを当社が完全に削除することを保証するものではありません。
    また、当社から再使用許諾を受けた第三者により外部サービス上に掲載された投稿コンテンツに関しては、当社が削除等の措置を講じることはいたしません。
    1. (1) 本サービスの趣旨に反するもの
    2. (2) 他者を誹謗中傷するもの
    3. (3) 有害なプログラム・スクリプト等を含むもの
    4. (4) 本サービス外で個人的な売買・譲渡を持ちかける内容および宣伝行為に関するもの
    5. (5) 違法行為・犯罪的行為・重大な危険行為に結びつくものまたはこれらを助長するもの
    6. (6) 本規約において禁止行為に指定される内容の投稿をしたもの
    7. (7) 公序良俗に反するもの
    8. (8) その他、本サービスの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
  5. [5]利用者および会員と登録団体等との取引
    当社は、利用者および会員と登録団体等の商品売買等を含む全ての取引(有償もしくは無償を問わない)について保証をするものではなく、その取引によって問題が生じた場合も、当社は一切の補償をいたしません。

第20条(反社会的勢力等の排除)

利用者は、暴力団、暴力団員および暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下「反社会的勢力」といいます。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当せず、かつ将来にわたっても該当しないことを確約し、これを保証するものとします。

(1) 反社会的勢力等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(2) 反社会的勢力等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(3) 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力等を利用していると認められる関係を有すること
(4) 反社会的勢力等に対して暴力団員等であることを知りながら資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(5) 役員又は経営に実質的に関与している者が反社会的勢力等と社会的に非難されるべき関係を有すること

2. 利用者は、自ら又は第三者を利用して次の各号の一にても該当する行為を行わないことを確約し、これを保証するものとします。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
(5) その他前各号に準ずる行為

3. 当社は、本条に基づく解除により相手方に損害が生じた場合であっても、当該損害の賠償義務を負わないものとする。また、当該解除に起因して自己に生じた損害につき、相手方に対し損害賠償請求することができるものとする。

第21条(禁止行為)

利用者および会員が本サービスを利用するに際して、次の行為を行うことを禁止します。

  1. [1]会員登録時に虚偽の申告をすること
  2. [2]同一人物が複数の本サービス会員登録を行うこと
  3. [3]ログインアカウントおよびパスワードの不正使用、または他の利用者または第三者に使用させること
  4. [4]法令上または本規約に認められている場合を除き、本サービスの提供する情報を当社の事前の同意なく、複写、若しくはその他の方法により再生、複製、送付、譲渡、頒布、配布、転売、又はこれらの目的で使用するために保管すること
  5. [5]本サービスを通じて、または本サービスに関連してコンピューターウィルス等有害なプログラムを使用すること、又は提供すること
  6. [6]他の利用者または第三者の権利又は利益を違法に侵害すること、またはそのおそれがあること
  7. [7]当社、他の利用者または第三者の知的財産権(著作権、意匠権、実用新案権、商標権、特許権、ノウハウが含まれますがこれに限定されません)を侵害すること
  8. [8]本サービス内の連絡機能を用いて、利用者もしくは会員同士が本サービス以外で現実社会の金銭によるなんらかの取引行為またはその準備行為をすること
  9. [9]自分以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらずあるものと装ったり、または他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽って本サービスを利用する行為
  10. [10]詐欺、重要事項の不実告知もしくは事実不告知、規制薬物の濫用、児童売買春、預貯金口座および携帯電話機の違法な売買等の犯罪に結びつく、または結びつく恐れのある行為
  11. [11]暴力団など反社会的勢力を支援する活動や、それらの団体等への加入や支持を勧誘・強制等する行為
  12. [12]特定の政党や宗教団体、その他個人的信条や嗜好に基づく団体等への加入や支持を勧誘・強制等する行為
  13. [13]面識のない異性との性交、わいせつな行為、出会い等を主な目的として利用する行為
  14. [14]違法な賭博・ギャンブルを行わせ、または違法な賭博・ギャンブルへの参加を勧誘する行為
  15. [15]アフィリエイトリンクを含む投稿
  16. [16]無限連鎖講(ネズミ講)、チェーンメール、MLM、リードメール等他人を勧誘する内容の投稿
  17. [17]グロテスクな画像等の他の利用者が不快を感じる可能性が高いと当社が判断する投稿
  18. [18]一人または複数の登録者が、同一または類似の文章を投稿し、またはメールで送信するなどのスパム行為
  19. [19]他者を誹謗中傷する行為
  20. [20]本サービスの運営を妨げること、または当社の信用を毀損すること
  21. [21]本規約に違反すること
  22. [22]違法行為・犯罪的行為・重大な危険行為に結びつくことまたはこれらを助長すること
  23. [23]公序良俗に反すること
  24. [24]その他、当社が不適切と判断すること

2. 利用者もしくは会員により前項各号に該当する行為がなされた場合、当社は該当者に対して、本サービスの利用の停止その他当社が適切と判断する措置(以下「利用停止措置」という)をとることができるものとします。なお、利用停止措置は該当者の帰責性の有無にかかわらず当社の裁量・判断に基づき行うことができるものとし、利用停止措置を行った理由については、その如何を問わず該当者に対して一切お答えいたしかねます。加えて、利用停止措置に起因して該当者に生じた損害については、当社は一切の責任を負わないものとします。

第22条(本サービス提供の中断)

当社は、次のいずれかに該当する場合には、利用者および会員に事前に通知することなく、本サービスの提供を一時的に中断することがあります。

  1. [1]本サービスのシステムの保守、点検、修理をするとき
  2. [2]火災、停電などによるシステム機器のトラブルがあったとき
  3. [3]登録電気通信事業者の提供する電気通信役務に起因して電気通信サービスの利用が不能になった場合
  4. [4]その他、運用上又は技術上当社がサービスの一時的中断が必要と判断した場合

2. 本サービスの一時的中断に起因して利用者および会員に生じた損害については、当社は一切の責任を負わないものとします。

第23条(本サービスの変更および終了)

当社は、当社の都合により、本サービスをいつでも追加、変更、中断することができるものとします。

2. 当社は、本サービスに中断、中止その他の障害が生じないことを完全に保証するものではありません。

3. 当社は、相当の周知期間をもって利用者に通知の上、会員に対する本サービスおよび本サービスの全部または一部を終了することができるものとします。

4. 前項による本サービス終了の通知は、当社が運営するウェブサイト上の適宜の場所への掲示、および会員への電子メールの送付などによるものとします。 ただし、会員から正確な連絡先の提供がなされていない場合の不利益に関しては、当社は一切責任を負わないものとします。

5. 当社は会員および利用者に対するサービス終了の通知後、本サービスを終了した場合には、会員および利用者に対して本サービスの終了に伴い生じる損害、損失、その他の費用の賠償または補償を免れるものとします。

第24条(業務委託)

当社は、本サービスの提供につき必要となる業務の全部または一部を、当社の提携する第三者(以下、「パートナー」という)に委託できるものとします。

2. 本サービスの外部委託の場合、当社はパートナーに対して、当社が負う利用規約上の機密保持義務と同等の義務を負わせるとともに、必要かつ適切な監督を行うものとします。

3. 当社がパートナーに委託をした場合であっても、当社は、当社に課せられている義務を負担します。

第25条(個人情報保護)

当社は、利用者および会員から取得した個人情報につき、本サービスを通じた各種サービスの営業案内に使用することがあります。

2. 当社は、法によって認められる場合を除き、あらかじめ個人である会員本人の同意(本契約によって同意される場合を含む。)を得ることなく、その個人情報を第三者に提供しないものとします。

3. 当社は、従業者および本サービス運営に関わる外部委託先に個人情報を取り扱わせるにあたっては、当該個人情報の安全管理が図られるよう、法令に基づき、必要かつ適切な監督を行い、また、個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合は、その取扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、法令に基づき、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行うものとします。

第26条(解約)

利用者もしくは会員が本規約に違反をしたときは、当社は違反者に通知したうえで、違反者の利用資格を停止もしくは解除することができます。

第27条(損害賠償)

当社は、故意または重大な過失により本サービスの提供をしなかったときは(規約の変更、本サービス提供の中断、および本サービスの終了があった場合は含みません。)会員に対し、その請求に基づき会員に現実に発生した損害の範囲に限定して賠償に応じます。ただし、不可抗力に規定した事由により生じた損害、当社の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、間接損害および逸失利益については、当社は賠償責任を負わないものとします。

2. 損害賠償の上限は、会員が当社に支払った合計金額もしくは金10万円のどちらか低い方の金額とします。

3. パートナーの故意または重大な過失による債務不履行および不法行為に起因して発生した損害については、当社がパートナーから受領する損害賠償額を限度として会員の損害賠償請求に応じるものとします。

4. 利用者もしくは会員が本規約に違反し、当社もしくは第三者に損害を与えた場合は、違反者は当社に生じた一切の損害を賠償するものとします。

第28条(不可抗力)

当社は、本規約上の義務が、以下に定める不可抗力に起因して遅滞もしくは不履行となったときは、本規約の違反とせず、その責を負わないものとします。

  1. [1]自然災害
  2. [2]伝染病
  3. [3]戦争および内乱
  4. [4]革命および国家の分裂
  5. [5]暴動
  6. [6]火災および爆発
  7. [7]洪水
  8. [8]ストライキおよび労働争議
  9. [9]政府機関による法改正
  10. [10]サービス提供の中断規定に定める事由
  11. [11]電気通信およびインターネット基盤の障害
  12. [12]その他前各号に準ずる非常事態

2. 不可抗力の事態が発生したときは、当社は直ちに不可抗力の発生の旨を本サイトの適宜の場所への掲示、その他当社が適当と判断する方法で、利用者および会員に通知するものとします。

3. 不可抗力が90日以上継続した場合は、当社は本契約を解除することができます。この場合は損害賠償の責は生じないものとします。

第29条(準拠法・管轄裁判所)

本規約に関する準拠法は、日本法とします。また本規約に関し当社と利用者もしくは会員の間に生じた紛争については、当社の本店所在地を管轄する簡易裁判所もしくは地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることを合意します。

<サポーターの個別規定>

第1条(商品売買等の目的)

会員は、本サービスを通じて行うプロジェクト実行者との商品売買等の取引が、プロジェクト実行者の活動またはその内容を支援する目的であることを確認します。

2. 会員は、自己の責任と判断により選択したプロジェクトについて、本サービスを通じてプロジェクト実行者と商品売買等の取引を行うものとし、本サービスを利用してなされた取引およびその結果について当社は一切の責任を負いません。

第2条(商品売買等の方法)

会員は、当社が指定する送金方法によりプロジェクトについての商品売買等をすることができます。これにより当該会員はサポーターとしてプロジェクト成立にかかわり、当該プロジェクトを支援することができます。

2. プロジェクトの商品売買等を通じてサポーターが支払った支援決定代金は、当社またはプロジェクト実行者が設定した方法および条件に基づき、当社より当該プロジェクト実行者に支払います。

3. プロジェクトの商品売買等の取引における商品の引渡し、サービス・権利の提供は、本サイトに掲載されたプロジェクト情報ページの条件に基づき、プロジェクト実行者とサポーターの間で直接に行うものとし、当社は関与するものではありません。

第3条(契約不適合責任)

プロジェクトの商品売買等を通じてサポーターが商品等を購入した場合は、その商品等の契約不適合責任その他の法的責任は、販売者である登録団体等もしくはプロジェクト実行者が負うものとします。

第4条(支援決定代金の支払い)

プロジェクト実行者は、当社に対し、プロジェクト実行者とサポーターとの間の商品売買等に基づくプロジェクト支援の対価(支援決定代金)を代理受領する権限を付与するものとし、当社は、同権限に基づき、プロジェクト実行者を代行してサポーターからの支払を受領します。サポーターは、当社への支払いを完了することにより、プロジェクト実行者に対する代金債務の弁済を完了したことになります。

第5条(登録団体等およびプロジェクト実行者についての免責)

当社は登録団体等及びプロジェクト実行者の活動の合法性、信頼性、安全性および登録団体等の活動についての情報の正確性について保証するものではなく、当社はこれについての一切の責任を負わないものとします。

2. 当社は、登録団体等およびプロジェクト実行者の活動の継続的な運営、活動を保証するものではなく、当社はこれについての一切の責任を負わないものとします。

3. 当社は、登録団体等およびプロジェクト実行者とサポーターとの間に万一紛争が生じた場合においても、何ら関知せず、責任を負わないものとします。

第6条(支援決定代金の使途)

サポーターが支払った支援決定代金の使途は、登録団体等もしくはプロジェクト実行者の自由裁量に委ねられるものでありサポーターの意思に拘束されないものとし、当社はこれについて一切の責任を負わないものとします。

第7条(支援決定代金の返還)

当社および登録団体等およびプロジェクト実行者は、(1)登録団体等およびプロジェクト実行者の解散または登録団体等の活動の停止等その他の事情変更(2)プロジェクトの対象とした活動、内容、主体に関する誤信(3)会員や第三者との間での問題発生(4)本サービスの追加、変更、中断、終了などその他理由の如何を問わず、会員から本サービスを通じて受領した金銭については、返還することはできないものとします。

2. 前項の定めに関わらず、(1)登録団体等もしくはプロジェクト実行者が一定の手続きにより当社に対し、支援決定代金の受け取り拒否の意思表示をした場合、(2)当社が登録団体等もしくはプロジェクト実行者に支払うことが困難または不適切と判断した場合、(3)その他当社が特別に定めた場合については、一定の手数料を差し引いた形で当社がサポーターへ本サービスを通じて受領した金銭を返還することがあります。

3. 前項の場合には、当社はサポーターが届け出た連絡先に連絡をするものとし、この連絡に対してサポーターから30日以内に返答がない場合、またはサポーターから代金を返還すべき利用可能な銀行口座等の届出がなく、当社による返還が困難な場合などは、当社は、支援決定代金の返還をしないものとします。この場合、当社の判断により当該支援決定代金についてその金銭の処分は当社に委ねられたものとみなされます。

4. 支援決定代金の返還要求その他、サポーターとプロジェクト実行者との関係で生じた問題については、直接プロジェクト実行者とサポーターとの間で解決するものとし、その場合には、当社は一切の責任を負わないものとします。

5. 前項に関わらず、当社は、自己の判断により、支援決定代金に関して以下の行為を行うことがあります。

  1. [1] サポーターに代わって登録団体等もしくはプロジェクト実行者に支援決定代金の返還請求をすること
  2. [2]登録団体等もしくはプロジェクト実行者に対して支援決定代金の支払いを拒否すること
  3. [3]登録団体等もしくはプロジェクト実行者に対しサポーターの返還の意思表示を伝達すること
  4. [4]その他支援決定代金の返還に関して一定の関与をすること

6. All-or-Nothing方式で目標が未達により、プロジェクトが不成立となった場合、当社はサポーターに対する返金その他必要な措置を講じます。中止となったプロジェクトの支援決定代金をプロジェクト実行者が受領したときは、プロジェクト実行者より支援決定代金の返還がなされます。当社または、プロジェクト実行者よりサポーターに返金する際の振込手数料等はプロジェクト実行者の負担となります。

第8条(情報の開示)

サポーターは、サポーターが当社またはプロジェクト実行者に開示した、個人情報を含む自己の情報につき、本サービス運営上の必要その他に応じて当社がプロジェクト実行者に開示することについて同意するものとします。

<登録団体等およびプロジェクト実行者の個別規定>

第1条(登録団体等の登録申込)

本サービスにおいて登録団体等として登録することを希望する者は、本規約の全体規定および本個別規定の内容が適用されることに同意した上で、当社の定める所定の方法により、登録団体等の申込を行うものとします。なお、登録団体等は、本規約の全体規定については、会員の定めが準用されるものとします。

2. 前項の申込をした者は、当社が別途定める審査基準に照らし、当社が申込を承諾した時点で登録団体等として承認されます。

3. 登録団体等の登録をするには以下のいずれかの条件を満たす必要があります。

(1)法人であること

(2)個人で、日本国内に住所を有し、電話番号(携帯電話番号を含む)、本人名義の銀行口座および公的機関が発行している身分証(免許証、パスポート、健康保険証等)もしくは学生証を持っている成年年齢以上の者であること。ただし、法人個人を問わず、当社が個別に認めた場合に限り、日本国内に住所を有しない会員も登録団体等となることができます。

4. 当社は、登録団体等に対して新サービスの告知、広告配信、サービス運営上の事務連絡、その他情報の提供を行うことがあります。

5. 登録団体等の申込みをした会員は、当社が必要と判断する場合、第3項に記載の証明書類又は当社が必要と認める情報や書類を提供しなければなりません。

第2条(登録不承諾・解除)

当社は、登録を希望する団体が次の各号に掲げるいずれかの行為を行った場合には、当社の判断によって、登録を承諾しないことがあります。

  1. [1]本規約で定める所定の方法によらずに利用の申込を行った場合
  2. [2]登録を希望する団体が、過去に本規約またはその他の利用規約等に違反したことを理由として次項に定める強制登録解除処分を受けた団体である場合
  3. [3]登録を希望する団体の構成員またはその取引先が全体規定の禁止行為に規定するような行為をした場合
  4. [4]当社の定める登録基準に適合しない場合
  5. [5]登録を希望する団体が活動を停止した場合または解散した場合
  6. [6]その他当社が不適切と判断した場合

2. 登録団体等が本サービスの登録解除を希望する場合には、登録団体等は、当社が登録団体等に別途提示する所定の方法により、当社に登録解除の申出を行うものとします。この場合、登録解除に基づき発生する事務手続き(当該登録団体等を取引先とするサポーターへの告知等)は、当社の特別の指示のある部分を除き、すべて当該登録団体等の責任で行うものとします。

3. 当社は、登録団体等が次の各号に掲げるいずれかの行為を行った場合には、当社の判断によって、強制的に登録解除をして、本サービスの利用を停止することがあります。

  1. [1]本規約で定める所定の方法によらずに利用の申込を行ったことが明らかとなった場合
  2. [2]登録団体等が、過去に本規約またはその他の利用規約等に違反したことを理由として強制登録解除処分を受けた団体であることが明らかになった場合
  3. [3]登録団体等の構成員またはその取引先が全体規定の禁止行為に規定するような行為をした場合
  4. [4]登録団体等が本規約またはその他の利用規約等に違反した場合
  5. [5]当社の定める登録基準に適合していなかったことが明らかとなり、または適合しなくなった場合
  6. [6]登録団体等が当社が請求する報告書の提出を怠り、当社が相当期間を定めて催告したにもかかわらず提出しない場合
  7. [7]登録団体等の提出する報告書に虚偽があった場合
  8. [8]登録団体等が活動を停止し、または活動が困難・不可能となった場合
  9. [9]登録団体等が解散し、またはその手続きに入った場合
  10. [10]登録団体等が本サービスのシステム利用料の支払いを怠った場合
  11. [11]その他当社が不適切と判断した場合

4. 登録団体等の希望または当社の判断により登録解除がなされた場合であっても、当該登録団体等の活動に対するプロジェクトの募集が設定期間内にあり存続する場合には、原則として募集期間終了までは登録解除はなされないものとします。ただし、このことは当社に登録の存続を義務付けるものではなく、当社は、プロジェクトの募集期間の存続いかんにかかわらず、裁量によりいつでも登録解除することができるものとします。

5. 登録不承諾もしくは解除により、当社がサポーターもしくは他の会員等からの苦情、損害賠償請求、風評被害その他の損害を被った場合には、当社は登録団体等に対し、損害賠償請求できるものとします。

第3条(登録団体等の権利)

本サービスにおいて登録団体等として登録された会員は、本サイトの機能を使用して活動内容の報告、プロジェクトの発表および募集をすることができます。

第4条(プロジェクトの発表やプロジェクト実行者に関する条件)

プロジェクト申請をした者は当社による承認後、プロジェクトを本サイトに発表・掲載できるものとします。

2. プロジェクト実行者は、プロジェクト成立後にサポーターに対して画面に表示されている支援決定代金以外の一切の費用負担(消費税や取引手数料等)を別途(当社が定める方法以外で)サポーターに求めることはできません。

3. プロジェクト実行者が本規約またはその他の規約に違反する(または、その恐れのある)プロジェクトの発表やプロジェクトの説明文の掲載を行った場合、当社は該当する説明文の非表示・削除、または当該プロジェクト実行者の強制退会を実施する場合があります。

4. 本条の対応により、プロジェクト実行者に損害が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負わないものとします。また、プロジェクトの途中での失敗、プロジェクトの説明と報告や成果物が明らかに異なる場合、プロジェクトに不備や瑕疵、違法行為などがある場合、プロジェクト実行者が責任を負うものとし、必要に応じてサポーターへの対応をしなければなりません。

5. プロジェクト実行者は、発表時の情報、掲載画像、プロジェクトの紹介において虚偽の記載をしてはならないものとします。

6. プロジェクト実行者は、一度発表したプロジェクトについて、原則として取り消し(以下「キャンセル」という)はできません。ただし、例外として、募集期間中に、プロジェクト実行者の病気やけが、事故、天災被害等の不慮の事故等により、当社がやむを得ないと判断する場合は、当社の定める方法により発表をキャンセルできます。この場合、サポーターへの返金にかかる振込手数料その他の実費については、プロジェクト実行者の負担とします。

7. 当社は、下記に該当する場合にはプロジェクトの掲載を禁止するものとし、これらが確認できた場合には当社の裁量により、削除又は退会を求める場合があります。また当該プロジェクトにより当社に損害が生じた場合、プロジェクト実行者はこれらの損害について賠償しなければならないことがあります。

(1)全体規定において禁止事項に指定される行為に該当する場合

(2)プロジェクトや返礼品の内容が、法令等を遵守していない又はそのおそれがある場合

  • (これらの例示)
  • 著作権を含む一切の知的財産権を侵害するもの
  • 食品衛生法、食品表示法上の義務に反する態様での食品の取扱い
  • 酒税法上の義務に反する態様での酒類の取扱い
  • 古物営業法上の義務に反する態様での古物の取り扱い
  • 電波法上の規制に則らない通信機器の販売
  • 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の定める規制に反する化粧品、医療品等の取扱い
  • 医薬品医療機器等法に定める規制に反する医薬品、医療機器等の取扱い
  • 動物取扱業に関する規制に違反する対応での動物の取扱い
  • 旅行業法、道路運送法等の規制に反する観光サービスの提供や取扱い
  • ※以上はあくまでも例示にすぎません。法的規制の有無及びその履行については支援契約の当事者であるプロジェクト実行者がその責任において実施しなければならず、当社はその責任を負いません。

(3)プロジェクトや返礼品において取り扱う商品やサービスが、法令違反に該当又はそのおそれのある場合。

  • (これらの例示)
  • 凶器、銃器類
  • 覚せい剤、麻薬、向精神薬、毒物、劇物等
  • タバコ、ニコチン含有液体
  • 火薬類
  • 象牙等、種の保存法で禁止される製品
  • 売春もしくは性道徳に反する行為
  • 賭博、富くじの売買やこれに関係する行為
  • ※以上はあくまでも例示にすぎません。法的規制の有無及びその履行については支援契約の当事者であるプロジェクト実行者がその責任において実施しなければならず、当社はその責任を負いません。

(4)プロジェクトや返礼品の内容について、金融商品取引法が適用される又はそのおそれのある場合。また、資金決済法に定める前払式支払手段(ただし、当社が個別の事情を勘案して掲載を妥当と判断した場合において、資金決済法等の法令上問題が無いことが確認されたときを除く)もしくは暗号資産に該当する又はそのおそれがある場合。

(5)プロジェクトや返礼品に関して、犯罪を助長するおそれあるいは道徳上の観点から当社が定める次の商品やそれに関するサービスの提供。

  • エアガン、スタンガン、催涙スプレー
  • 開運、魔よけ、健康上の効能を標榜する高額商品
  • 無限連鎖講、マルチ商法に該当又はそのおそれのあるもの
  • 著しく高価な宝石等の商品
  • 金券、商品券、クーポン券等で流通性の認められる商品
  • 著しく射幸心をあおると認められるもの
  • 動物その他の生き物(鳥類、魚類、爬虫類、昆虫など全ての生き物を含む)

(6)プロジェクトや返礼品の内容が、肖像権、プライバシー権、人格権、等々、あらゆる他人の権利を害し、又はそのおそれのある場合

(7)プロジェクトや返礼品の内容が、国籍、民族、人種、社会的身分、性別、思想、信教、病歴、教育、年齢などによる差別的表現行為に該当、またはそのおそれのある内容を含む場合

(8)プロジェクトや返礼品の内容が、青少年の保護・育成の観点から不適切な物やサービスの提供や表現であると認められる場合。

(9)極端に特定個人の目的と認められる場合

(10)第三者への寄附を目的とする場合

(11)一般に市販されているもしくは定価がある商品やサービスのうち、許可なく自らが製造者や販売者ではないものを取り扱う場合

(12)自ら定価を設定している商品であり、当該定価と返礼品の価格との間に著しい差がある場合

(13)政治活動や宗教活動を目的とする、またはそのおそれがあると認められる場合

(14)プロジェクトや返礼品が、本サービスそのものや当社の掲げる理念等と相容れないと認められる場合

(15)その他、当社がプロジェクトの掲載を不適切であると判断する場合

ただし、上記に該当する場合であっても当社が個別に認める場合を除きます。

8. 登録事業者として支援を募集するには、当社が定める事項を入力フォームに入力して申込みをするものとします。また、当社からの個別の求めがある場合には、別途必要な情報や書類の提出をしなければなりません。

9. 当社は、次の事情が判明した場合には、申込みにかかるプロジェクトの掲載を不承認とすることがあります。

(1)第1条の利用資格を有することが確認できない場合

(2)申込時に申請した情報に事実に反する内容が含まれている場合

(3)プロジェクト又は返礼品の内容が本条7項に定める禁則事項等に抵触する場合

(4)全体規定に定める会員資格の停止事由のあることが判明した場合

(5)その他、当社がプロジェクトの掲載が不適当であると判断した場合

10. プロジェクトが掲載された後、当社がプロジェクト実行者に対して支援決定代金を支払うまでの間に前項の各号記載の事情が明らかとなった場合、当社は当該プロジェクトの掲載を不承認とし、掲載を中止することがあります。また、募集期間及び支援が終了したプロジェクトの掲載は当社の任意とします。

11. プロジェクトが掲載された後において、第9項の各号記載の事情が合理的に疑われる場合、当社は、事実関係の確認に必要な間、プロジェクトの掲載を一時中止することがあります。プロジェクト実行者は、当社の事実関係の確認に必要な協力をしなければなりません。

12. 当社は、第9項から第11項に定める事情により、申込みを不承認又は掲載を中止した場合において、その理由を開示する義務を負いません。

13. All or Nothing方式(プロジェクト実行者が予めその目標数を掲示し、その未達時にはプロジェクトを中止する旨を掲示していたとき)で目標に達成しなかった場合、該当プロジェクトは未成立になります。この場合には、プロジェクト実行者からサポーターに対し、プロジェクト中止の旨を連絡し、苦情等の対応はプロジェクト実行者が行わなくてはなりません。

第5条(当社よりプロジェクト実行者への支援決定代金の支払い)

プロジェクトが成立した場合、プロジェクト実行者は当社に対して、プロジェクト支援の販売成約手数料として、支援代金の12%(税別)及び決済手数料5%(税別)を支払います。当該手数料(振込手数料含む)は、当社からプロジェクト実行者へ支払われる支援代金から差し引かれます(以下「出金」という。)。ただし、当社とプロジェクト実行者との間に手数料等の料率について別途合意がある場合は、当該合意の内容が優先されるものとします。

2. 出金の実施日については、成立したプロジェクト期間終了日の属する月の翌月の末日(該当日が土日祝日の際は前営業日)となります。

3. 登録団体等が登録解除事由に該当し、その他登録団体等としての資格等を失ったと当社が判断するような事情が発覚した場合には、当社は、当該事情発覚以後に生じた支援決定代金の支払いを拒否し、または当該事情発覚以後に支払い済支援決定代金の返還を求めることができます。

4. 当社は、前項の場合のほか、プロジェクト実行者の債務不履行などサポーターが合理的な理由のある返還要求をした場合、その他やむを得ない事由があった場合に、プロジェクト実行者に対して支援決定代金の支払いを拒否し、または支払い済みの支援決定代金の返還を求めることがあります。

5. 支援決定代金の返還に関する問題については、プロジェクト実行者とサポーターとの間で解決するものとし、その場合には、当社は一切の責任を負わないものとします。ただし、当社の判断により、当社がプロジェクト実行者に対しサポーターの返還の意思表示を伝達するなどの一定の関与をすることがあります。

6. プロジェクト実行者の有責により、プロジェクト実行者がサポーターに対して、支払い済みの支援決定代金の返還をする場合においても、当社が既に受領した販売成約手数料をプロジェクト実行者に支払うことはありません。

7. All-or-Nothing方式で目標が未達により、プロジェクトが不成立となった場合、当社はサポーターに対する返金その他必要な措置を講じます。中止となったプロジェクトの支援決定代金をプロジェクト実行者が受領したときは、プロジェクト実行者がサポーターに対して、サポーターが支払った全額を返還しなくてはなりません。当社または、プロジェクト実行者よりサポーターに返金する際の振込手数料等はプロジェクト実行者の負担となります。なお、プロジェクトが中止となった場合、プロジェクト実行者の当社に対する販売成約手数料は発生しません。

第6条(プロジェクトの商品売買等についての契約不適合責任)

登録団体等およびプロジェクト実行者がプロジェクトを通じた商品売買等を行う場合、購入者であるサポーターに対して該当商品等についての契約不適合責任を負います。

2. 登録団体等およびプロジェクト実行者が特定商取引に関する法律に基づく「販売業者」に該当する場合、特定商取引に関する法律に基づく表記を、プロジェクトページもしくは登録団体等となるプロフィールページ等のプロジェクトページからリンクで遷移できるページに掲載することとします。

3. 以下に該当する返礼品等を設定する場合は、プロジェクトページもしくはプロジェクト実行者のプロフィールページ等の、プロジェクトページからリンクで遷移できるページに、許認可番号、管理責任者名等のそれぞれの許認可等においてウェブサイトへの表示が法令上義務付けられている事項を記載することとします。

(1)中古品:古物商許可証

(2)酒類:通信販売酒類小売業免許

(3)食品:食品衛生法上に基づく営業許可

(4)医薬品、医療機器:医薬品医療機器等法における許可

(5)その他、法令諸規則において利用資格等が必要である場合

第7条(景品類の贈呈)

登録団体等およびプロジェクト実行者がプロジェクトの取引に対する景品類を設定した場合、登録団体等およびプロジェクト実行者は、自己の責任と費用において、適切な方法によりサポーターに対し景品類を譲り渡すものとします。

2. 登録団体等およびプロジェクト実行者がサポーターに景品類を譲り渡す際に、景品類の品質や譲り渡しの方法およびその他の問題が生じたときには、当該登録団体等およびプロジェクト実行者の責任と費用において解決を図るものとし、当社は何の責任も負うものではありません。

3. プロジェクト実行者は、景品類についての問い合わせ等があった場合には、当該問い合わせに対し、自らの責任で誠実に回答するものとします。

4. 景品類の変更や中止はできません。プロジェクト実行者は、やむを得ない事情により景品類の内容の変更等が必要である場合には、自己の責任でサポーターの個別の同意を得るものとし、同意を得られた範囲内においてのみ景品類の変更を行うものとします。

5. プロジェクトオーナーは、景品類の提供のためにサポーターの個人情報(住所、電話番号、メールアドレス等)が必要となる場合、当社の定める方法により当該情報を取得するものとします。この場合、サポーターの個人情報は景品類の提供及びプロジェクトに関連する活動に関して必要な範囲でのみ利用できます。プロジェクト実行者が、上記以外の目的でサポーターの個人情報を利用するためには、自らの責任においてサポーターから個別の同意を取得しなければなりません。また、取得した個人情報の管理はプロジェクト実行者が責任を持って行うものとし、当社は情報の漏えい等のトラブルにより生じる損害に関しては、当社に故意又は過失がある場合を除き、一切責任を負いません。

第8条(保証)

登録団体等およびプロジェクト実行者は、当社に対し、本サービスに関して当社に提供したロゴ、活動等の情報が、第三者の権利を侵害していないことを保証するものとします。

2. 登録団体等およびプロジェクト実行者は、自己の活動、団体運営および活動がなんら第三者の権利を侵害しておらず、安全性、正確性、道徳性等を有していることを保証します。

3. 万一、登録団体等およびプロジェクト実行者と第三者との間ないし登録団体等間(およびプロジェクト実行者間)でなんらかの紛争が発生した場合には、当該登録団体等およびプロジェクト実行者の費用と責任において問題を解決するとともに、当社になんらの迷惑または損害を与えないものとします。

第9条(使用許諾の条件)

本サービスにおける当社の登録団体等およびプロジェクト実行者に対する使用許諾は次の各号のとおりとします。

  1. [1]登録団体等およびプロジェクト実行者は、本規約および当社の定める範囲内でのみ本サービスを使用することができるものとします
  2. [2]本サービス内で当社が提供する全てのコンテンツに関する権利は当社が有しており、その知的財産権の扱いは本規約の全体規定に定めるとおりとします
  3. [3]登録解除等により登録団体等およびプロジェクト実行者が本サービス上の資格を喪失した場合は、本サービスの使用権も消滅するものとします

第10条(登録団体等およびプロジェクト実行者の当社に対する使用許諾)

本サービスを利用して作成された活動情報等の著作権は、創作した登録団体等およびプロジェクト実行者に帰属します。

2. 当社は、登録団体等およびプロジェクト実行者が作成する活動情報等を、本サービスの円滑な提供、本サービスの広告宣伝、本サービスに関連して行う第三者の商品またはサービスに関する広告宣伝、当社システムの構築、改良、メンテナンスに必要な範囲内で使用することができるものとし、登録団体等およびプロジェクト実行者は当社に対し、当該著作権の存続期間の満了日まで、無償でその使用許諾をするものとします。

3. 当社が前項に定める形で活動情報等を使用するにあたっては、情報の一部または氏名表示を省略することができるものとします。

4. 登録団体等およびプロジェクト実行者は、当社に対して、著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。

第11条(当社の閲覧、削除等権限)

当社は、登録団体等およびプロジェクト実行者の活動情報等の内容を閲覧、保存及び第三者に開示することができるものとします。ただし、当社はその義務を負うものではありません。また当社は、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。

2. 当社は、いかなる場合においても、登録団体等およびプロジェクト実行者の活動情報等の違法性・規約違反の有無に関わらない当社の完全なる裁量に基づいて、その活動情報等について、その全部もしくは一部の削除等の措置を行うことができるものとします。ただし、当社はその義務を負うものではありません。また当社は、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。

第12条(通知義務)

登録団体等およびプロジェクト実行者は、プロジェクトの実行中に以下の事由に該当した場合には、直ちにその旨を当社の指定する方法で通知するものとします。

  1. [1]活動を停止する場合
  2. [2]解散し、またはその手続きに入る場合
  3. [3]住所または所在地変更の場合
  4. [4]NPO法人の認証、認定取消など、NPO法人等非営利法人および団体としての活動に変更があり、またはそのおそれが生じた場合
  5. [5]支援決定代金等の振り込み口座変更の場合
  6. [6]その他団体の組織、運営に関し変更があった場合

2. 登録団体等およびプロジェクト実行者は、本サービスのシステム上において自己の情報を管理する権限を有する場合に、情報内容に変更があった際には、すみやかに自己の情報の変更手続きを行わなくてはならないものとします。

第13条(本規約またはその他の規約等違反行為等への対処)

登録団体等およびプロジェクト実行者が本規約またはその他の規約等に違反したと認められる場合、その他当社が必要と認める場合は、当社は当該登録団体等および当該プロジェクト実行者に対し以下の対処を講ずることがあります。ただし、当社はその義務を負うものではありません 。また、これらの処分により登録団体等およびプロジェクト実行者に不利益・損害が発生した場合においても、当社はその責任を負いません。

  1. [1]本規約またはその他の規約等に違反する行為等を止め、同様の行為を繰り返さないことを要求すること
  2. [2]本規約に定められた登録団体等およびプロジェクト実行者の義務の履行を請求すること
  3. [3]本サービスに登録された登録団体等およびプロジェクト実行者の情報の全部もしくは一部を削除し、公開範囲を変更し、または閲覧できない状態(非公開)にすること
  4. [4]プロジェクトの受付停止とすること
  5. [5]支援決定代金の支払いを停止すること
  6. [6]本サービス上の利用資格を停止すること
  7. [7]強制登録解除処分とすること
  8. [8]登録団体等の登録申込を承諾しないこと
  9. [9]プロジェクト発表の承諾をしないこと

2. 登録団体等およびプロジェクト実行者は、当社が本規約に基づいて行った本規約またはその他の規約等に違反する行為等への対処について、異議を申し立てることは認められません。

3. 登録団体等およびプロジェクト実行者の違反行為等によって当社に損害が発生した場合、当社は違反等をした者に対して損害賠償請求をすることができます。

4. 当社は、本規約またはその他の規約等に違反する行為等により生じた結果について、一切の責任を負うものではありません。

第14条(機密情報の取扱い)

登録団体等およびプロジェクト実行者は、サポーターおよびその他の個人情報を取得した場合、必要なセキュリティ保護のための措置を行い、第三者に漏洩・開示しないことおよび予め同意を受けた以外の目的に利用しないことに同意します。

2. 登録団体等およびプロジェクト実行者は、個人情報を機密情報として善良な管理者の注意義務をもってこれを管理し、法令および関連官庁のガイドラインに従い、慎重にこれを取り扱うものとします。

3. 登録団体等およびプロジェクト実行者は、万一、当該個人情報・機密情報を漏洩し、またはそのおそれがある場合は、ただちに当社に通知し、故意または過失の有無を問わず、漏洩者の費用と責任でこれに対処するとともに、当社に生じた一切の損害を賠償するものとします。

第15条(本規約およびその他の規約等の有効性)

本規約およびその他の規約等の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約およびその他の規約等のその他の規定は有効とします。

2. 本規約等の規定の一部が、ある登録団体等もしくはあるプロジェクト実行者との関係で無効とされ、または取り消された場合でも、本規約等はその他の会員との関係では有効とします。

ページ上部へ