KAIKAで地域を応援しましょう

Kaika

【いつまでも自由きままに】ドライバー応援プロジェクト

現在の支援総額
0
0%

目標金額は800,000円

支援者数
0
募集終了まで残り

プロジェクト内容

高齢ドライバーが、安心・安全に自動車運転を続ける事ができるよう、本プロジェクトを立ち上げました。
リハビリテーション向け運転シミュレーターを購入し、高齢ドライバーの運転復帰の為のリハビリに役立てたいです。

1.はじめに・ご挨拶

初めまして。㈱総合リハビリテーション研究所、代表の大谷道明です。理学療法士として30年間、高齢者のリハビリに携ってきました。
高齢ドライバーの運転事故が社会的問題になっています。その原因は、認知症と身体機能の低下により運転技能が低下していくことです。
すでに認知症の方は、運転免許証を返納する必要がありますが、そうでない高齢ドライバーが、安心・安全に自動車運転を続ける事ができるよう、教習指導員と本プロジェクトを立ち上げました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

2.集まった資金でしたいこと

資金が集まりましたら、リハビリテーション向け運転シミュレーターを購入したいです。
運転の反応検査、危険予測体験、軽度の半側空間無視の評価ができ、運転復帰の為のリハビリに役立てたいです。
理学療法士と教習指導員が同じ施設に従事している企業はなく、当施設では両有資格者が従事しており、身体的な評価や運転能力の評価を同時にアプローチが可能になり、より良いサービスが提供できます。

3.プロジェクトで実現したいこと

私たちはこのクラウドファンディングを通して以下のことを実現していきたいと思っています。

①自動車の運転が介護予防になることを、知ってもらうこと。

②高齢ドライバーが、認知症予防、身体機能向上、運転技能向上により安心・安全に運転をすることができ悲惨な交通事故を減らすこと。

③病気や障害により、運転を一時的に中断されている方が、運転を再開することにより活動・参加を促すため。

④初心運転者が安心・安全に運転できるようにサポートし、悲惨な交通事故をへらす事

4.なぜ私達はこのようなプロジェクトをするか

以前、自動車学校に勤務していた時に、高齢者講習を行う際に、必ず受講者にする質問が あります。 「今日の講習楽しみでしたか?」と質問します。9割以上の受講者の方が「不安で寝れなかった」「取消になったらどうしよう」と不安を抱えていました。 買い物、通院、仕事などに行けなくなってしまうなどと、公共交通機関に乏しい地方ならではの悩みでありました。

講習を担当しての気付きですが、正直に話すと危ない運転をする方も、たくさんいました。
しかし、本当に車を必要とする高齢者は、とても慎重で丁寧な運転をしていました。
きちんとルールを守り運転をしている方が、一部の危険な運転をする方によって高齢者 全体が危険であると、一括りにされる事に疑問に思いました。

もちろん私達も、危険な運転をしてしまう方が、免許証を返納する事は賛成ですが、マスコミでは高齢者の自動車運転事故が多く取りざたされ、免許証の返納を求める風潮になり、ちゃんとルールを守り安全運転をする方まで、肩身の狭い思いをする事になります。
あまり返納後の生活について、マスコミではふれていませんが様々な活動が制限され、生きがいや楽しみも奪われ、買い物や病院に行くことにさえも困難になります。

自動車の運転には「認知」「判断」「操作」と言った大切な要素が含まれています。

決して運転が不可能な方に運転を勧めているわけではありません。自動車の運転を通して認知症を予防し、また、認知症を予防することによりいつまでも運転を楽しむことができる、安心・安全な社会を創りたいと思います。
また、病気や障害で一時的に運転を中断されている方の社会復帰の為にサポートしたいという思いからも本プロジェクトを立ち上げました。

5.プロジェクトメンバー

メンバーには、理学療法士として、高齢者のリハビリに30年間携わり、この20年間は、認知症の研究もしている者や、教習指導員として自動車学校で元々勤務しており、高齢ドライバーの運転の指導を行ってきた者がメンバーです。

6.これまでの活動

令和3年11月に、高齢者、および運転未熟者が安心して、かつ安全に車を運転して、好きな所に行けることを目的とした、セーフティドライブ&トレーニングスタジオ 来歩フットルースをオープンしました。


教習車


危険予測用 四輪シミュレーター


様々なトレーニングマシン


講義

高齢者が安心・安全に運転を続けることできるよう、運転技能の向上をサポートする。
認知症予防・身体機能を向上目指し、安心・安全に運転が続けられるようサポートする。
運転に不慣れな者においても、安心・安全にカーライフを楽しむことができるようサポートする事を目的に事業を始めました。 

7.資金の使い道・実施スケジュール

目標金額(800,000円)
リハビリテーション向け四輪シミュレーター(本体価格800,000円)の購入資金に充てさせていただきます。

※目標金額に達成しなかった場合

100,000円以下
私たちの取組みを広く認知してもらうための広告宣伝費としてご活用させていただきます。

200,000円~400,000円
交通安全イベント開催費(会場借受費用・運搬費・人件費・他)にご活用させていただきます。
・令和4年10月頃開催予定

400,000円以上
400,000円以上集まった場合はリハビリテーション向け四輪シミュレーターの購入資金としてご活用させていただきます。

※目標金額以上のご支援が集まった場合

次のステップ
現有の当施設は、手狭であり駐車スペースもありません。郊外にある土地を借りて、教習指導ができるスペースとトレーニング施設の建設を目標にしています。その費用の一部としてご活用させていただきます。

8.リターンのご紹介

3,000円
お礼の手紙
活動資金として大切に使わせていただきます。

5,000円
お礼の手紙、運転体験(シミュレーター、実車)1回無料
※当施設まで来られる方に限ります。
※ご来店時に支援完了画面をご提示ください。
※ご来店の際は事前にご連絡ください。

10,000円 
お礼の手紙、当施設オリジナルコースター

20,000円
お礼の手紙、当施設オリジナルマグカップ

9.最後に

運転の完全自動化になるまでには、まだまだ先の話です。今、運転されている高齢者、障がい者、又は運転に自信のない人達が、安心・安全に運転できる交通社会を目指すことが必要です。運転する楽しさ、行きたいところへ行ける自由と開放感・・・。我々、スタッフは実現したいと思います。
ご支援の程よろしくお願いいたします。

FAQ

プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか?
プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへKAIKAのメッセージ機能をご利用ください。
間違って支援した場合はどうなりますか?
選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

KAIKAで地域を応援しましょう

新規会員登録はこちらから

すでに以前のKAIKA会員の方も再度ご登録をお願いいたします。

ページ上部へ