KAIKAで地域を応援しましょう

Kaika

大学生が創る大学生の活動を広めるイベント「カナエルマルシェ」を行いたい!

現在の支援総額
83,000
28%

目標金額は300,000円

支援者数
14
募集終了まで残り

プロジェクト内容

プロジェクト内容

山口大学の学生が山口県で活動する大学生クリエイターや若手オーナーのスタートアップ応援型のマルシェイベント開催に向けた挑戦。学生が日頃どんなことを考え、どんな活動しているのかを知っていただき、来場して頂いた皆様が前を向くきっかけを作りたい!

カナエルマルシェ 開催日時・場所
日時:2021年12月18日(土)・19日(日)の二日間
場所:KDDI維新1Fホール内自由通路にて開催
住所:山口県山口市小郡令和1丁目1番1号(新山口駅 在来線口すぐ)

お問い合わせ連絡先
山大リノベ部
代表:東村幸穂
Mail: yamaguchi-renov@gmail.com
イベント公式Instgram @_kanaeru_marche
SNSで活動をリアルタイムで発信しています
ぜひフォローお願いいたします!

「自己紹介」

はじめまして。 山口大学工学部感性デザイン工学科に所属している東村 幸穂(ひがしむらゆきほ)と申します。 たくさんあるクラウドファンディングのページの中から興味を持っていただきありがとうございます。 これからお話しする願望を読んでいただき「応援したい!」と思っていただけたら幸いです。

地元京都から大学進学をきっかけに数100㎞離れた山口県へ。大学一年の時、山口でしかできない経験をたくさん積みたいと思い、様々なアルバイトや、一人で県内一周、時には居酒屋で会社員のおじさまに声をかけて一緒に飲んでみたり… と周りから見たら変人といわれるぐらい活発に動き回ってまいりました。 長いようで短い4年間を密度濃い時を過ごすべく、これからもまだまだ活動し続けます。 どうぞよろしくお願い致します。

「プロジェクトメンバー」

「主催:山大リノベ部とは」

2016年に県内で活躍されているOBの方のお力添えにより継続的に県内で街づくりを行うための学生団体として発足しました。 飲食店やゲストハウス等のリノベーション設計・内装提案・施工を行っています。 現場は、大学が位置する山口市・宇部市だけでなく長門市や防府市、光市など県内の様々なところがあり、多くの街に変化を起こしています。

1分の1縮尺の建築を学ぶだけでなく、地方ならではの街の悩みに応え、「学生とまち」を繋げる活動を行っています。
そしてこのイベントにおいても、山大リノベ部のこれまでのノウハウを活かし、 来場していただいた方に対し訴えかける空間的・視覚的工夫を凝らしていく予定です。

「本プロジェクトに対する思い」

今回企画するのは山口大学の学生が山口県で活動する大学生クリエイターを応援し広める若手人材創出型のマルシェイベントです。 近年流行しているコロナウイルスによってさまざまな学校行事の中止が続いています。 不安や喪失感に包まれている方は大学生に限らず、たくさんおられると思います。 そんな方に向けて少しでも前を向けるイベントを行いたいと、「カナエルマルシェ」の開催を企画しました。

【カナエルマルシェ ロゴ】
ロゴについては
「大事なものを持つ手」「誰かに大事なものを受け渡す手」等をイメージしました。

「カナエルマルシェ」に込めた願い
県内で活躍されている学生が日頃どんなことを考え、どんな活動しているのかを知っていただき、来場して頂いた皆様が前を向くきっかけを作りたいと思います。 そして、自分の中で秘めている可能性や夢をカナエル始めの一歩になればと願います。 また、私たちリノベ部のポリシーや活動内容を皆様に知っていただき、 今後も山口県内に「学生とまち」ののりしろを広げるきっかけになればと思います。

「カナエルマルシェ」にむけて〜空間創造〜
私たち山大リノベ部は空間創造に関する活動を行なっています。 今回の「カナエルマルシェ」に関しても当日の机などを木工職人の斎藤さんと協議、作成しました。1ヶ月間かけて意見のすり合わせ、マルシェの出店者様が使いやすい天板サイズや高さなどについて協議を重ねました。

斎藤さんに10分1サイズの試作品なども作っていただきました。

こだわりの詰まったデザイン案をもとに、素材を実際に見ながら使う部材を選び、また作業場に訪問させていただき、制作工程などについて学ぶことができました。

今回クラウドファンディングのリターン品としてイベント什器作成ででた端材(山口県産ひのき)を活用したグッズをご用意しました!

「カナエルマルシェ イベント詳細」

日時:2021年12月18日(土)・19日(日)の二日間
場所:KDDI維新1Fホール内自由通路にて開催
住所:山口県山口市小郡令和1丁目1番1号(新山口駅 在来線口すぐ)
大学生オーナーやクリエイター10組(予定)による物販スペースに加え、各クリエイター及び主催する山大リノベ部の紹介ポスターの展示を行います。
出店者:フォトグラファー、イラストレーター、飲食店2店舗、古着屋2店舗
(※変更になる場合がありますので、ご了承ください。)

「応援メッセージ」


金剛重機株式会社+yutorio design 取締役
木村大吾様(2003年卒OB)

山大リノベ部の皆さん、新たなチャレンジ応援しております!!
院生だった福井くんの創部から5年、山大リノベ部のスピリットは後輩たちに受け継がれ、建築学生の自主運営で継続的に活動していることは素晴らしく、卒業生として誇らしい後輩です。
私の関わりとしては、下関市と長門市でのリノベーションまちづくりで協働してもらいました。創部前から考えると。下関ではmimihana-café、TUR8食堂、インキュベーション施設ハグクモ、ゲストハウス「ウズハウス」、ハワイアンショップmahalo、長門湯本温泉ではcafé&pottery 音、A-side、だいご長屋、サンロクロクビール、と数多く関わってもらいました。感謝しております。
それぞれのプロジェクトとしては、塗装や左官塗り、家具製作、梁・木製窓磨き等の作業を通して、ワイワイ楽しく真剣に、生の現場で建築を学びながら、様々な人と関わりまちづくりに活気を与えてもらいました。
山口県を面白くしてくれる建築学生さんが、もっと活躍し、将来的には山口県で働きながら、活動を継続してくれることを期待しつつ、今後も応援させてもらいます!!

エシカルBASIC 山口市地域おこし協力隊
中岡佑輔様

山口大学きっての「発想力」・「行動力」を有する「山大リノベ部」。今回の新たな取り組みと、地域への思いは、また次世代へと連なる“礎”になるはずです。皆様の地域活性×デザイン、最後まで応援させていただきます。

街づくり山口 タウンマネージャー
青木敬介様

山口市中心商店街で新たな交流スペースの創出で山大リノベ部とであい、協力していただきました。素晴らしいアイデアと想像力、新たな価値を生み出す若き能力には大きな刺激をもらいました。「カナエルマルシェ」で今後はどんな新たな価値を創出するのか楽しみです。皆様もこのクラウドファンディングを通じてリノベ部との素敵な出会いを!

山口大学工学部感性デザイン工学科 2021年卒OB
R.M様

私も学部時代に長門市、音信川沿いの建物の改修を機にリノベ部の活動に参加しました。柔軟な発想に想像力を持つ後輩が多く所属し、新たな価値を生み出していく勢いがあると思います。新しい試みである「カナエルマルシェ」での活躍が楽しみです。皆さんも、クラウドファンディングを通じてリノベ部を応援していただけると幸いです。

「資金について」

支援して頂いた資金については以下の通りに使用させていただきます。
広告費(フライヤーの作成)
空間創造費用
人件費
次回イベント開催に向けての運営資金

FAQ

プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか?
プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへKAIKAのメッセージ機能をご利用ください。
間違って支援した場合はどうなりますか?
選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

KAIKAで地域を応援しましょう

新規会員登録はこちらから

すでに以前のKAIKA会員の方も再度ご登録をお願いいたします。

ページの先頭へ戻る