KAIKAで地域を応援しましょう

Kaika

小倉城竹あかりで、3万個の希望のあかりを灯したい!

現在の支援総額
382,000
76%

目標金額は500,000円

支援者数
48
募集終了まで残り

プロジェクト内容

「市民力で、小倉城に3万個の灯籠を」
2021年10月23日より10月31日までの9日間、第3回小倉城竹あかりを開催します。
コロナ禍で沈みがちな世の中だからこそ、市民一体となって昨年よりもたくさんのあかりで希望の光を灯したい!3万個のあかりを実現するために、プロジェクトに挑戦します。


※追記(10月14日12:00)

10月14日12時00分以降、リターンに招待権はつきません。





はじめに

2019年11月に初開催した小倉城竹あかり。
小倉城や虎ノ門、小倉中心市街地に竹灯籠を飾り、ご来場の皆様に幻想的な空間を楽しんでいただくあかりの祭典です。
日本新三大夜景都市に認定されている北九州市で、秋冬のビッグイベントとしての位置付けを目指しています。遠来のお客様へはおもてなしの気持ちでお迎えし、地域の皆様には、我が街に愛情と夢を持っていただきたいという思いで第3回目の開催を迎えます。

●2021年は、10月23日から9日間の開催

小倉城竹あかりは、多くの市民ボランティアの皆様にご参加いただき、「市民力」でイベントを作り上げています。「自分達の街は自分達で創る」そんな土壌や文化を育てると共に、地元企業文化やものづくり文化を発揮できる、そんなイベントでありたいと思います。

また、取り組みとして、竹林被害のある山林の竹を伐採し竹灯籠を作成すること、そしてイベント後に灯籠を竹炭などに再資源化することを行っています。竹灯籠の有効利用によって、北九州市独自の「循環型社会」の一つのモデルケースを作り上げていきます。

コロナで沈みがちな世の中だからこそ、たくさんのあかりを灯したい!!

昨年もコロナ禍で開催を危ぶまれましたが、対策を万全にすればイベントも開催できることを示したいという思いで約3万個の灯籠を灯し、見る人に感動して頂ける空間を作り上げました。
今年も、小倉城竹あかりの開催が多くの方にとって希望のあかりとなるよう、市民一体となってまちに3万個のあかりを準備したいと考えています。

さらに、竹あかりを開催することが、北九州市の循環型社会を創り出すSDGsの実現にも繋がります。

しかし、コロナ感染対策のため1日に集まるボランティアの人数を制限しながらの灯籠制作であったり、開催時の運営にも感染防止のための人手や費用の負担が大きかったりと、例年通り順調にはいかない状況で運営、準備を進めているのも現実です。

それでも、小倉城竹あかりをなんとしても成功させたい! 市民力で3万個の灯籠を灯し、地元から全国へ希望のあかりを発信したい!

そのために今必要なことは何かを、運営チームで考えました。

一つ目は、小倉城竹あかりをもっと多くの人に知ってもらうこと。
知ってもらい、訪れてもらい、小倉のまちを盛り上げていただく。そして竹あかりを見て「来年もまた訪れたい」「友人、知人に教えたい」という方々が増えてくれることです。

二つ目は、小倉城竹あかりをもっと多くの人に支援してもらうこと。
今は地元企業の協賛のもと、竹の切り出し・運搬費用、加工費などを賄っています。今後も、イベントの運営費用、キャンドルの費用など、9日間×3万個=27万個のあかりを灯す大規模なイベントにするためには例年よりも多く莫大な資金が必要です。そのためにも、竹あかりを応援して下さる方々から広く支援を募りたいと考えています。

このプロジェクトで実現したいこと

竹あかりの実施に興味関心を持って下さる方々や、SDGsへの取り組みに共感して下さる方々へ、広く竹あかりをご支援いただくため。そして支援の呼びかけを通じて、よりたくさんの方に竹あかりのことを知ってもらうために、クラウドファンディングに挑戦します!

●プロジェクトでは、10月23日からの9日間、3万個のキャンドルを灯すための寄付を募ります。

ご支援者様には感謝の気持ちを込めてご来場の招待をさせて頂きます。(※支援日によってご招待の有無が異なります。詳しくはリターンをご確認ください。)
ぜひイベントに足を運び、あなたの支援で灯ったキャンドルのあかりをご覧ください。
遠方からご支援してくださる方にも、合馬の特産品や竹炭を活用した絶品珈琲など、ご自宅でお楽しみいただけるリターンをお届けいたします。

小倉城竹あかりに3万個の灯籠を灯し、全国へ希望のあかりを発信していくために。ぜひ、暖かいご支援をお願いいたします

リターンについて

■ご支援者様へ■
10月14日(12:00)までのご支援で、①〜⑧いずれかのコースのご支援につき2021年小倉城竹あかりへの特別入場権(ペア)を贈呈いたします。下記の【※特別入場権(ペア)についての注意事項※】をご確認ください。

※10月14日12時00分以降、リターンに招待権はつきません。

①キャンドル100個分の灯り 3,000円
②キャンドル200個分の灯り 5,000円
③キャンドル500個分の灯り 10,000円
④キャンドル150個分の灯り+竹炭珈琲 5,000円
⑤キャンドル150個分の灯り+合馬特産品 15,000円
⑥キャンドル500個分の灯り+竹炭珈琲+合馬特産品 30,000円
⑦キャンドル5,000個分の灯り+名前入り竹灯籠  100,000円 ※限定10名
⑧キャンドル5,000個分の灯り+竹チェロ 200,000円 ※限定1名


※特別入場権(ペア)についての注意事項※

①イベント当日、本部にて入場受付を行います。イベント開催期間中(10月23日〜10月31日)に小倉城竹あかり会場にお越しください。
運転免許証等、ご支援者様の本人確認資料の提示をお願いいたします。
③同行者様は必ずご支援者様と同時にご来場ください。
ご支援者様は、マイページにて購入時の登録情報と本人確認資料 に相違がないかご確認ください。※住所・氏名・メールアドレス等正確にご入力をお願いいたします。
入場券の事前郵送は行いません。

※イベント実施中止時の対応について※
万が一、新型コロナウイルス感染拡大防止等の理由によりイベントが中止となった場合は、支援金の返金対応を行います

小倉城竹あかり開催への想い

2021年10月23日から9日間、小倉城・虎ノ門及び周辺エリアで、竹灯籠・和紙灯籠など約3万個のあかりを灯します。
今年は世界体操・新体操の開催時期に合わせ、地元から全国、世界へと発信できるイベントにしていきたいと思っています。市民が一体となり作り上げる幻想的な風景と灯籠の優しい光で、見るひとの心を優しく照らします。

●「自分達の街は自分達で創る」●
小倉城竹あかりは地元のボランティア、学生や子供等の手で作り上げられています。残暑の中、伐採作業、工具の扱いに慣れていない人もたくさんいますが、市民全体で、まちが竹灯籠で輝くイベントにしたい!という気持ちで準備をしています。

●「竹害から竹財へ」●
小倉では放置竹林の問題が深刻となっていますが、竹は有効に使えば貴重な素材にもなります。まずは竹灯籠にしてまちづくりに役立て、その後も色々な産業に活用できるエコな取り組みを目指しています。

プロジェクトに関するお問い合わせ先

小倉城竹あかり 実行委員会

北九州市小倉北区魚町3−3−20ー5F We Love 小倉協議会内
TEL:093-236-2995(平日10時〜17時まで)
Mail:info@kokurajotakeakari.com

FAQ

プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか?
プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへKAIKAのメッセージ機能をご利用ください。
間違って支援した場合はどうなりますか?
選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

KAIKAで地域を応援しましょう

新規会員登録はこちらから

すでに以前のKAIKA会員の方も再度ご登録をお願いいたします。

ページの先頭へ戻る