KAIKAで地域を応援しましょう

Kaika

俳人種田山頭火の365日分の俳句ラベル

現在の支援総額
249,000
83%

目標金額は300,000円

支援者数
35
募集終了まで残り

プロジェクト内容

プロジェクト内容

・【365句】種田山頭火が詠んだ句をラベリングした特別な純米大吟醸酒
・大切な方の誕生日、記念日への贈り物にぜひご利用ください
・老舗酒造の新たな挑戦。応援よろしくおねがいします!


1.新プロジェクト

種田山頭火の365日分の俳句ラベル。
当社の日本酒を新しい形で消費者の方へお届けいたします。お好きな日付を選んでいただくと、同じ月日に種田山頭火が詠んだ句をラベリングした純米大吟醸酒(山口県産山田錦100%、精米歩合40%)をお送りいたします。現在新型コロナウイルスの影響によりみんなで集まって楽しい時間を一緒に過ごすことは難しい状況ですが、当社の美味しいお酒で少しでも気持ちをゆっくりとされ、楽しんでいただくのと同時に、種田山頭火の俳句の素晴らしさを感じていただければと思います。

ご自身の誕生日や、大切な方の記念日への贈答品として是非ご利用ください。
※今回選句した365句(月日ごとの詳細)については下記弊社サイト中段にてご確認いただけます。
金光酒造HP:https://santouka.shop-pro.jp/
※お酒がリターン品となっているものについては20歳未満の方は支援できません。
※本プロジェクトに関するお問い合わせは下記連絡先までお願いいたします。
【金光酒造株式会社】
本社:山口市嘉川5031番地
電話:083-989-2020
FAX:083-989-2021
Mail:info@santouka.com

2.自己紹介

はじめまして、金光酒造代表の金光明雄と申します。
当社は大正15年創業、昭和29年9月27日法人化、創業者は金光市之進、私で5代目となります。創業時より山口市嘉川地区の地酒として「黄金の波」という名前で続いてまいりました。

昭和47年山頭火の商標を登録申請し、昭和50年10月9日登録完了しました。山頭火発売当時、山頭火という名前はまだ世間では有名ではなく、「黄金の波」の方が多く売れた年が10年くらい続きました。その後、永六輔がラジオで取り上げるなどメディアの方でも名前が出るようになり、少しずつ山頭火の売り上げが増えてまいりました。現在当社商品の約90%以上が山頭火商標の商品です。

昨年までは地産地消のお酒で頑張っていましたが、新型コロナウイルスの影響により、清酒の売り上げが例年の半分ぐらいとなり、苦しい状況が続いております。当社始まって以来最大の危機となっております。どうか本フロジェクトに皆様のお力をお貸しいただけないでしょうか。今回のクラウドファンディングの結果によっては、今後の積極的な全国展開への道が開けますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

3.制作秘話

365句の選句、1年以上かかりました。
種田山頭火は生涯3~5万句ともいわれるほど多くの句を詠んでいます。2.3年ぐらい前から365句選句を本格的に検討し始めたものの、とても私1人では選句が出来そうもなく、山頭火ふるさと会元会長(顕彰会の元代表でもある)窪田耕二さんにご協力をご依頼したところ、快く了解を頂きました。選句も含めて一緒に進めていくことになり一安心したその矢先、窪田さんが急病で亡くなられて一時中止を考えました。

しかしせっかくやり始めたことでもあり、永年の思いを何とかして自分1人でもやりきる決意のもと再び選句を進めました。 とはいえ365句の選句は大変で、選句作業、選んだ句のイメージとラベルの背景が合うかどうかの検証等で1年以上かかってしまい、やっとこの度発売できる事となりました。

現在コロナで自由に活動できない状況ですが、この特別な365句ラベルのお酒で、山頭火が1人放浪の旅をしながら作った句の思いと、お酒をゆっくり楽しんで飲んでいただき心を癒していただければと思います。種田山頭火の句の本当の魅力と山頭火の純米大吟醸酒をもっと多くの人に知っていただければ制作苦労もふっとびます。ぜひ応援よろしくお願いします。

4.今回のプロジェクトについて

今回の365日ラベルの構想自体は10年以上前より考えてはいましたが、ようやく内容が固まり、そろそろ商品化できると昨年の1月くらいに思った矢先の新型コロナウイルスの流行により、記念日等のお祝いなどは盛大にできなくなりました。本商品の販売方法も対面販売よりも蔵元直送とした方が皆様に安心してお買い求めいただけるのではないか、また当社もコロナのために販売が減少している状況のなか、皆様のお力をお借りしたいとの思いから、今回のクラウドファンディング利用を決めました。

皆様に喜んで楽しんで飲んでいただける商品にするために、種田山頭火が1年365日毎日作り上げた自由律俳句の中から厳選し、記念のラベルとして365種類のラベルを作成。お酒は山口県産山田錦100%使用、精米歩合40%の純米大吟醸原酒720mlを使っており、程よい酸味とフルーティーな香り・深い味わいが特徴で、冷またはオンザロックがおすすめです。

大切な方の記念日や、結婚記念日などお祝い・贈答品としてぜひご利用ください。今回のクラウドファンディングでは1年以上かけて苦労してようやく出来た365日ラベルの酒をなんとかして全国の山頭火ファンをはじめ、多くの方に広く知っていただきたい、ご利用していただきたいと思っています。みなさまの疲れた心を癒す1本になればと思います。

5.日本酒「山頭火」について

日本酒 「山頭火」について
まだ種田山頭火についてあまり世の中に知られていない頃、種田山頭火自身が酒造りをしていた酒蔵と縁がある当社に山頭火という名前で日本酒を造って欲しいという要望が山頭火研究会より頂き、清酒「山頭火」が45年前に誕生しました。最初のうちは普通酒1級・2級のみでしたが、その後種類が増え本醸造、純米吟醸、大吟醸他約30種類近くになっています。おすすめの飲み方としてはそのまま冷蔵庫に入れて冷酒で飲んだり、原酒などは氷を入れてオンザロックがおすすめです。また、普通酒・本醸造は熱燗がおすすめです。

6.リターンコース一覧

①山頭火365日ラベル純米大吟醸(720ml)×1本
特別価格3,500円(送料・税込)
・500円OFFでのお届け!
(参考価格4,000円 送料税込)


②山頭火365日ラベル純米大吟醸(720ml)×2本
特別価格7,000円(送料・税込)
・1,000円OFFでのお届け!
(参考価格8,000円 送料税込)


③山頭火呑み比べセット
・山頭火365日ラベル純米大吟醸(720ml)×1本
・山頭火純米吟醸酒山田錦50(720ml)×1本
・斗ビン取り大吟醸ゾロ(500ml)×1本
特別価格10,000円(送料・税込)
・1,000円OFFでのお届け!
(参考価格11,000円 送料税込)
山頭火3種呑み比べセットで、ゆっくりと弊社の日本酒を楽しんでください。


④季節の日本酒堪能コース
特別価格20,000円(送料・税込)
・4,000円OFFでのお届け!
(参考価格24,000円 送料税込)
季節に合わせた日本酒を隔月お送りいたします。(合計6回)
初回:山頭火365日ラベル純米大吟醸(720ml)1本
1月:新酒にごり酒(720ml)2本
3月:新酒しぼりたて純米大吟醸(720ml)1本
   新酒しぼりたて吟醸原酒(720ml)1本
5月:冷酒 大吟醸(720ml)1本
7月:冷酒 本醸造生酒(300ml)6本
9月:ひやおろし純米吟醸(720ml)1本



⑤山頭火365日ラベル純米大吟醸(720ml)【1年間毎月1本】
特別価格40,000円 (送料・税込)※北海道・沖縄・離島の方は別途要相談
・8,000円OFFでのお届け!
(参考価格48,000円 送料税込)
一年間毎月1本お送りいたします。


⑥山頭火365日ラベル純米大吟醸(720ml)×365本
特別価格1,200,000円 (送料・税込)※北海道・沖縄・離島の方は別途要相談
・260,000円OFFでのお届け!
(参考価格1,460,000円 送料税込)
365句全ラベルをお届け!
12本入カートンごとにお送りいたします。



注意事項
※20歳未満の方はご支援いただけません。
※ご希望のお日付の句をラベリングしてお送りいたします。
※句のラベリングは山頭火365日ラベル純米大吟醸のみです。
※ご希望日のご記入がない場合は弊社にて選ばせていただきます。
※配送先が北海道・沖縄・離島の方は別途ご相談ください。
リターン品等に関するお問い合わせ先
【金光酒造株式会社】
本社:山口市嘉川5031番地
電話:083-989-2020
FAX:083-989-2021
Mail:info@santouka.com

7.種田山頭火顕彰会とは

昭和55年5月に、山頭火研究会として発足。平成4年、全国フォーラム開催を機に現在の名前に変更し、そして種田山頭火顕彰会になります。 当会の目的は、防府市八王子2丁目に生まれた自由律俳人種田山頭火の顕彰し、同時に山頭火が目指した新しい俳句の形である、俳句維新とも言うべき自由律の俳句の普及、併せて、全国規模の自由律俳句大会を実施しております。

種田山頭火の生い立ち
本名、種田正一、明治15年大地主(現防府市八王子)、種田家の長男として生まれる。11歳の折、母フサが自宅の井戸で投身自殺。このことが生涯、山頭火の心の襞となっていきます。明治35年早稲田大学文学科に入学しますが、時はヨーロッパの自然主義文学運動の勃興期。多感な山頭火はこの新しい文学の洗礼を受けます。このことも山頭火文学の骨子となってゆきます。そして種田家の破産、育ての母、祖母ツル、弟二郎、父竹次郎の死があい続き、妻サキノとも戸籍上の離婚をします。大正14年、44歳で出家得度し、翌年、行乞流転の旅に出ます。
「孤貧に徹せよ。それが私に残されたる唯一の道である」と言っています。
旅の中で句を作り続けますが、その俳句は「自由律俳句」です。自由律俳句は月並俳句の季題や定型を排し、実感を重んじる新境地を開いたもので、碧梧桐や荻原井泉水等が提唱したものです。それまでの客観写生ではなく、内的生命を詠むものであり、勢い自由律へと発展したものです。山頭火の句に「孤寒」と題されたものがあります。山頭火の稀有の生涯が、孤独を導き出し死を意識させ、望郷の念をいだかせました。ここから山頭火独自の哲学が生まれ、自由律俳句を確立しました。山頭火は、この内的生命の表出に身を削りました。しばしば暗示的であり、象徴的であります。これも又、山頭火文学の奥の深さであり、芭蕉と対比しています。しかし芭蕉が山頭火の時代に生いたとすれば、おそらく自由律を選んだことでしょう。山頭火は自由律の道を選ぶことによって、芭蕉に迫ることができたともいえます。どちらが正道というのでなく、時代が芭蕉と山頭火の二人の巨人を歴史に刻んだのでしょう。

山頭火ふるさと会 記

8.ご注意事項

リターン品の生産・発送スケジュールは遅延がないよう十分な準備を行なっておりますが、製造工程上の都合や配送作業等に伴うやむを得ない事象が発生した場合はお届けが遅れる場合がございます。あらかじめご了承願います。
スケジュール等の変更があった場合、弊社HP等でご案内いたします。
本プロジェクトに関しましてご支援後のキャンセル、コース変更はお受けすることができません。あらかじめご了承願います。
リターン発送元
【金光酒造株式会社】
本社:山口市嘉川5031番地
特定商取引に関する法律に基づく表記
下記弊社HPをご参照ください。
弊社HP:http://www.santouka.com/shop/order/index.php

FAQ

プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか?
プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへKAIKAのメッセージ機能をご利用ください。
間違って支援した場合はどうなりますか?
選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

KAIKAで地域を応援しましょう

新規会員登録はこちらから

すでに以前のKAIKA会員の方も再度ご登録をお願いいたします。

ページの先頭へ戻る